スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご批正深謝(旧書籍コード)

 
 古書project の姉妹サイトというか、前身というか、「the古書」というサイ
トがありますが、

 http://kosyo.net/

ここの BBS に、本ブログで「古書project」のことを書いたとお知らせしました
ら、数時間もしない内にコメントが寄せられ、緑風舎様在庫の『不協和音』は、
1976(昭和51).11.20の第2刷で、1073-132551-0777 に間違いないとのこと。

 まずは、十分な下調べもせず「ミス」との指摘を軽率にも記しましたこと、お
詫び申し上げます。また、早速に現物に当たって情報の正確性を確保、ご教示い
ただき感謝申し上げます。
 編集者の校閲などがないネット記事ゆえ、今後も似たようなご無礼があるやも
しれず、ご指摘は謙虚に受け留めてまいりたいと思います。

 さて、

> 貴兄の記されている 1073-132550-0777 は別版かも知れません。

とのコメントに、すぐ思い浮かんだのは、
 「版刷管理に使われたのか?」
ということでした。
 ISBN でさえ、出版社の都合で装幀が変わったら番号が変わった、ということ
があります。あるいは、ISBN や書名から特定した書籍の奥付を見ると、時代の
変化に合わせ、例えば紙メディアを対象とした大元の原著から、音源・映像を対
象に含めて改訂、改訂新版、改題、増訂、など、驚くほど息の長い変遷を重ねて
いる本に出会うこともあります(法令の改正に伴って増補を繰り返すような書籍)。

 私の手持ちの『不協和音』(1073-132550-0777)は、1971(昭和46). 7.25の第1
刷ですから(函・奥付共)、緑風舎様在庫の第2刷とは5年の隔たりがあり、旧書
籍コード運用開始間もない頃の初版とは、出版社内のナンバリング管理事情が変
わった結果と考える可能性もアリか? との解釈も否定しきれません。

 いずれにせよ、2つの版の異なる書籍コードで同じ本(タイトル、著者、訳者、
内容)が存在する、ことは歴然とした「事実」として確かめられました。
 「書誌との付き合い方」の今後において、「そういうこともある」事例が加わ
り、「わきまえておくべき事柄」が豊かになりました。

 重ねてお礼申し上げます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。