スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル期のオペラ熱?

 
 『日本オペラの夢』(林光著、岩波新書、1990)
 『オペラをつくる』(武満徹/大江健三郎著(対談)、岩波新書、1990)

 新書という、いわば「専門家が一般人に平易な解説を伝える」というのが、そ
の本来のあり方である存在のタイトルに、同じ年、しかも同じ出版社からオペラ
の本が2冊出ている事実。
 当然、新書の編集部とは、その「時代の空気」「旬な話題」「売れそうな中身
や著者の人選」等々を意識しながら「制作」をするわけで、バブル景気の最末期
に、音楽出版社でもない岩波新書から相次いでオペラの本が出たことに、当時の
「熱っぽさ」を感じることはできないでしょうか。

 オペラの引越公演は、戦後の1963年、ベルリン・ドイツ・オペラの引越公演が
記録されていますが(東京日生劇場柿落とし公演)、NHKのイタリア歌劇団も継
続され、その数も知れたものです。
 しかし、東京オリンピック(1964)から大阪万国博(1970)にかけて復興を遂げた
日本は、その後も経済成長を果たし、民音の16年にわたる交渉が実って1981年に
実現した「ミラノ・スカラ座引越公演」が、たまたま80年代初頭ということもあ
って、その後のバブル景気の予兆のような快挙として記憶されます。

 NHKのイタリア歌劇団は、1970年代になっても継続されていましたが、オー
ケストラはN響などの日本人でしたから、スカラ座が合唱団からオケから舞台装
置から、総てを携えての引越公演はセンセーショナルだった記憶があります。た
しか、劇場メンバーは帰国の機上の人となる頃、合唱団は日本に残り演奏会をや
ったような気がします(東京郵便貯金会館=現在のメルパルク=だったかな?)。

 その後、引越公演が当たり前になり、1年に十数団体が来日して毎月どこかで
引越公演が見られる、という情況になります。しかも、S席が4万円も5万円も
するようなチケットで上演されます。
 が、それも2008年までの話で、2009年は5団体程度。呼び屋さんは、1年以上
前から来日公演を交渉しているでしょうから、2009年9月のミラノ・スカラ座公
演を中止にはできないでしょうが(キャンセル違約金の方が高く付く)、既にリー
マン・ショックから1年。当時の情報では、激安チケットが企画され、5万9千
円のチケットが1万9千円の「プレミアム・エコノミー券」として発売されたり、
通常価格でS・A席を購入すると、「アイーダ」のDVDをプレゼントするとい
うオマケまで付けての販売苦戦だったようです。
 ただ、引越公演のチケット値引きは2007年頃から行われていたらしく、必ずし
もリーマン・ショック後の経済停滞だけが原因ではないようです。

 新国立劇場(渋谷区初台、旧通産省東京工業試験場跡に開館、1997年)のオープ
ンと、その中身である言わば「和製」あるいは「自主」公演が実力を付け始め、
当然海外劇場の招聘よりはコストも安く楽しめますから、引越公演の方が見劣り
するような場面もあったようです。

 さて、冒頭の2冊は、そんな昨今の「衰退」「存亡」とはまだ無縁の、確かに
プラザ合意はあったにせよ、第二国立劇場(現在の新国立劇場)に向けて、
 「日本にも本格的なオペラ・ハウスを」
との気運が高まっていた頃だからこその結果ではないのか。
 1981年のミラノ・スカラ座引越公演の大成功から、本場のオペラによって日本
人の耳が肥え、徐々に成熟し、1997年開館に向けて「日本にもオペラ専用施設が
できる」という空気・熱・期待があり、一般人向けの新書でもオペラを話題に出
版が企画される……。

 特に日本における海外歌劇場の引越公演を具(つぶさ)に調べた上で書いている
わけではないのですが、蔵書整理のふとした合間に、
・庶民の経済力拡大とオペラ人気
・気運としての世相(結果的に出版が後押し。多分、映像などの販売も。)
・成熟(耳が肥える)と日本側のインフラ整備(新国立劇場)
・経済低迷と引越公演の収支バランス
等々のあれやこれやに思いを巡らしてしまいました。

 今年(2011)3月の東日本大震災の折、ちょうど来日していたフィレンツェ歌劇
場公演では、フィレンツェ市長からから帰国命令が届いたとか、9月のバイエル
ン州立歌劇場公演では、多くの団員が日本行きを拒否したなどの報道がされまし
たが、改めて、「総合」芸術であるが故のオペラの在り方を考えてしまいました。
 来年以降はどんな展開になるのでしょう。

 2冊の新書が、まだまだ成長を信じて疑わなかった頃の、「良き思い出」のよ
うにも見えてしまうのは私だけでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。