スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル期のオペラ熱?

 
 『日本オペラの夢』(林光著、岩波新書、1990)
 『オペラをつくる』(武満徹/大江健三郎著(対談)、岩波新書、1990)

 新書という、いわば「専門家が一般人に平易な解説を伝える」というのが、そ
の本来のあり方である存在のタイトルに、同じ年、しかも同じ出版社からオペラ
の本が2冊出ている事実。
 当然、新書の編集部とは、その「時代の空気」「旬な話題」「売れそうな中身
や著者の人選」等々を意識しながら「制作」をするわけで、バブル景気の最末期
に、音楽出版社でもない岩波新書から相次いでオペラの本が出たことに、当時の
「熱っぽさ」を感じることはできないでしょうか。

 オペラの引越公演は、戦後の1963年、ベルリン・ドイツ・オペラの引越公演が
記録されていますが(東京日生劇場柿落とし公演)、NHKのイタリア歌劇団も継
続され、その数も知れたものです。
 しかし、東京オリンピック(1964)から大阪万国博(1970)にかけて復興を遂げた
日本は、その後も経済成長を果たし、民音の16年にわたる交渉が実って1981年に
実現した「ミラノ・スカラ座引越公演」が、たまたま80年代初頭ということもあ
って、その後のバブル景気の予兆のような快挙として記憶されます。

 NHKのイタリア歌劇団は、1970年代になっても継続されていましたが、オー
ケストラはN響などの日本人でしたから、スカラ座が合唱団からオケから舞台装
置から、総てを携えての引越公演はセンセーショナルだった記憶があります。た
しか、劇場メンバーは帰国の機上の人となる頃、合唱団は日本に残り演奏会をや
ったような気がします(東京郵便貯金会館=現在のメルパルク=だったかな?)。

 その後、引越公演が当たり前になり、1年に十数団体が来日して毎月どこかで
引越公演が見られる、という情況になります。しかも、S席が4万円も5万円も
するようなチケットで上演されます。
 が、それも2008年までの話で、2009年は5団体程度。呼び屋さんは、1年以上
前から来日公演を交渉しているでしょうから、2009年9月のミラノ・スカラ座公
演を中止にはできないでしょうが(キャンセル違約金の方が高く付く)、既にリー
マン・ショックから1年。当時の情報では、激安チケットが企画され、5万9千
円のチケットが1万9千円の「プレミアム・エコノミー券」として発売されたり、
通常価格でS・A席を購入すると、「アイーダ」のDVDをプレゼントするとい
うオマケまで付けての販売苦戦だったようです。
 ただ、引越公演のチケット値引きは2007年頃から行われていたらしく、必ずし
もリーマン・ショック後の経済停滞だけが原因ではないようです。

 新国立劇場(渋谷区初台、旧通産省東京工業試験場跡に開館、1997年)のオープ
ンと、その中身である言わば「和製」あるいは「自主」公演が実力を付け始め、
当然海外劇場の招聘よりはコストも安く楽しめますから、引越公演の方が見劣り
するような場面もあったようです。

 さて、冒頭の2冊は、そんな昨今の「衰退」「存亡」とはまだ無縁の、確かに
プラザ合意はあったにせよ、第二国立劇場(現在の新国立劇場)に向けて、
 「日本にも本格的なオペラ・ハウスを」
との気運が高まっていた頃だからこその結果ではないのか。
 1981年のミラノ・スカラ座引越公演の大成功から、本場のオペラによって日本
人の耳が肥え、徐々に成熟し、1997年開館に向けて「日本にもオペラ専用施設が
できる」という空気・熱・期待があり、一般人向けの新書でもオペラを話題に出
版が企画される……。

 特に日本における海外歌劇場の引越公演を具(つぶさ)に調べた上で書いている
わけではないのですが、蔵書整理のふとした合間に、
・庶民の経済力拡大とオペラ人気
・気運としての世相(結果的に出版が後押し。多分、映像などの販売も。)
・成熟(耳が肥える)と日本側のインフラ整備(新国立劇場)
・経済低迷と引越公演の収支バランス
等々のあれやこれやに思いを巡らしてしまいました。

 今年(2011)3月の東日本大震災の折、ちょうど来日していたフィレンツェ歌劇
場公演では、フィレンツェ市長からから帰国命令が届いたとか、9月のバイエル
ン州立歌劇場公演では、多くの団員が日本行きを拒否したなどの報道がされまし
たが、改めて、「総合」芸術であるが故のオペラの在り方を考えてしまいました。
 来年以降はどんな展開になるのでしょう。

 2冊の新書が、まだまだ成長を信じて疑わなかった頃の、「良き思い出」のよ
うにも見えてしまうのは私だけでしょうか。
スポンサーサイト

「無伴奏」の意味に気づく

 
 中学3年だったと思います。レコード店が販促の手段として、

 「ご予約の方には SCHWANN のレコード・カタログ最新号を差し上げます。」

という「オマケ」の客寄せをやっていました。SCHWANN とは何ぞや? と思いな
がら、手元に届いた冊子は、欧文が並ぶだけの無味乾燥なもの。丹念に調べて輸
入レコードを定期的に購入するような資力もなく、とは言え、即座にゴミにする
わけにもいかず、しばらく本棚に収まっていました。
 日本には、『レコード藝術』(音楽之友社)という月刊誌があり、年1・2回レ
コードのカタログが付いてきましたから、それとの比較をするでもなく、何とな
く眺めることがあるくらいでした。

 ある時、前記事「データ管理前夜」でも触れた目録カードで、手持ちの音源デ
ータを記録することを試みたときのことでした。
 バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタと、バルトークの無伴奏ヴァイオリン・
ソナタでは表記が違うことに気付きました。

・バッハ :Sonata for Violin Unaccompaniment
・バルトーク:Sonata for Violin Solo

 日本では同じ「無伴奏」と訳される元の語が、まったく違う記述になっている
わけです。

 思えば、当ブログのプロフィールに書いた、

・些細な「こだわり」から、「知るを楽しむ」こと

は、この15~16歳の頃に芽生えたのかもしれません。

 バッハの場合は、「伴奏無しの」といっても、それは「without b.c. (通奏低
音 basso continuo)」という意味で、確かに「演奏形態は“独奏”だけれども、
様式としては、他の作品、バッハと同時代のスタイル」で書かれている。
 一方、バルトークは、「独奏バイオリンのための」という意味で、確かに「演
奏形態は“無伴奏”」だけれども、音楽様式は明らかにバッハとは違う。

 ここに「様式」という語を登場させてしまうと、これまた時代様式・演奏様式
・楽器の様式などなどに始まり、違う用語の「形式」その他諸々、概念規定を整
理する必要が生じるのですが、ここでは一切の解説は省き、10歳代後半にそうし
た「様式感(観)」というものの雰囲気の違いに気付いたということ、またそのこ
とを日本語なら同じ「無伴奏」と括ってしまう演奏形態から名付けるスタンスと、
音楽様式の立場から言い分けることができる手段があるということ、もっと大き
く言えば、

・日本語では明確に言い表せない内容が、違う言語だと的確に言い表せる。

ということに気付いた、とでもいいましょうか。この気付きは、「話し言葉と書
き言葉」「漢字を遣う遣わない」に次ぐ、「いったい外国語って何の効能がある
の?」という、大袈裟に言えば個人内で言語を使いこなしていく「第3のノウハ
ウ」に目覚めた「事件」ではなかったかと思います。

 ここで音楽からはちょっと話題が外れますが、第1と第2のノウハウに簡単に
触れておけば、「話し言葉と書き言葉」は、字で伝えれば明快なのに、話し言葉
ではえらく神経を使うような場合。
 例えば、5人一組のバスケット・ボール5チーム分のゼッケンを作るとしまし
ょう。それぞれ1~5番のナンバーの付いた5色のセットを発注する時、

 白生地に黒文字/黄生地に黒文字/赤地に白抜き文字/青地に白字/緑に白

わざとだんだんと簡略して書きましたが、文字でこうして見れば、「布地の色→
文字の色」の順と了解できます。しかしこれを電話で口頭注文する場合にはどう
でしょうか。
 「アオジニシロジ」
と言われても、「ジ」が生地の「地(ジ)」なのか、文字の「字(ジ)」なのか混乱
するでしょう。ちゃんと「生地」「文字」と確認しながら伝えたつもりでも、受
け手が、個人商店で留守番の少し耳の遠いおじいさんだったりした日には、ミス
しない方が奇跡ということになりかねません。
 郵送で、FAXで、つまり、書面で発注した方が確実な例です。

 「漢字を使う遣わない」は、文字で表すにしても、「ここでこそ漢字を使うべ
き」という場面のこと。
 「彼女は受付にいるよね。」と書いた場合、人材の配置や適材適所という意味
で「要る」のか、勤務シフトの関係で今の時間帯だったら「居る」のかは、会話
であれば前後の脈絡や話者の置かれたシチュエーションで自明であっても、文字
で単に「いる」では今ひとつ理解できず、「要」と「居」を使って(使い分けて)
こそ相手に正確かつ明確に伝わるはずです。
 逆にわざとひらがなにひらく場合もありますが(「理念をつくる」のように、
「造る」ではないし「作る」でもなく、さりとて「創る」でいいのかと言えば、
もう少し広範な、根本的な、原理的な意味で使いたい、などというときには、す
べてを包含するというようなニュアンスで「つくる」と敢えてひらがな表記にす
るような例)、漢字をこそ使うべき、という場合もあるわけです。

 そこに、文化的背景の違う欧米の表記が加わる。
 エルガーの小品に「Chanson de Matin (シャンソン・ド・マタン)」という曲
がありますが、これを「朝の歌」と訳してよいものかどうか? イギリス人のエ
ルガーがフランス語で付けたタイトルは、自国イギリスにはないフランス文化の
香りを漂わせる意図なり憧れなりがあっての営みでは? だから、その曲想をど
ういう雰囲気で演奏するかといえば、フランス的に、という解釈。ではフランス
的ってなあに? 国民性は? 歴史は? 音楽様式は? と理解は広がり深まり
ます。

 教育としての外国語は、コミュニケーションの手段だとか国際感覚の育成だと
かを話題にしがちですが、もっと大きくというか根本には、「文化」や「歴史」
というものを入り口でも構わないから感じ取り、素養のかけらとして身に付ける
ことがあると思います。
 中国では、空飛ぶ燕と地上の馬を組み合わせ、燕の上に馬が乗っている彫像で
「この世の最速のもの」を表すのに、西洋は馬に翼を生やらかしてペガサスをつ
くる。そういや、手術・移植の対症療法と、漢方の対応ではまったく違うわね。
 そんなこんなの文化の違いを認め、自分の人生やアイデンティティの確立に生
かしていく……。

 流暢に話すことはできなくても、異文化の肝を正しく汲み取り、稚拙ながらも
真摯に向き合うことができるなら、ちょっと大袈裟な言い方かもしれないけれど、
それは人生を豊かにする薀蓄なのだといえないでしょうか。

 Unaccompaniment と Solo の表記の違いは、15歳の私にそんな思いを植え付け
たように思います。

 なお、この記事は、ブログを見てメールを下さった H.I. さんに捧げます。

「永遠の音楽家」(白水社) メモ

 
 私が持っているのは、第Ⅰ期第8回配本の『バルトーク』と第Ⅱ期第1回配本
の『シェーンベルク』のみですが、全16巻を揃えようなどとは当時思ってもいま
せんでした。興味のある作曲家だけ手に入れればいい、と考え、それでも『スト
ラヴィンスキー』は店頭在庫がなかったのか、まだ貧乏学生で断念したのか、そ
の辺りの記憶は定かではありませんが……。
 奥付に記入することにしている「読了日」から、『バルトーク』は15歳の時に、
『シェーンベルク』は19歳の時に読んでいることが判ります。ところどころに書
き込みなどもあり、「理解しようとじっくり」読んだ跡が窺えます。
 日本万国博で武満徹や高橋悠治の、当時は「前衛」と言われた作品の洗礼を受
けるより少し前から、『音楽芸術』誌(音楽之友社、1998年休刊)の付録楽譜で日
本人作品の楽譜などを眺めていたせいか、「今現在生きている人の作品」「古典
派やロマン派ではない、20世紀になってからの音楽」に食指が動き、無調や12音
技法などに興味を持っていたことを懐かしく思い出します。

 「永遠の音楽家」シリーズは、フランスの出版社「Editions du Seuil」の、
「ソルフェージュ叢書」を翻訳したものらしく、全16巻に総てあたったわけでは
ありませんが、訳者のあとがきからそれと覗えます。
 Editions du Seuil は現在も存在し、洗練されたホーム・ページを公開してい
ますが、文学、歴史、科学など扱うジャンルは広く、日本でいえば、講談社や新
潮社といった大手出版社が、「音楽書も手掛けた」というような存在ではなかっ
たかと思います。

 http://www.seuil.com/

 『バルトーク』の著者シトロン(Citron)を検索窓に入力すると、フル・ネーム
の「Pierre Citron」を返しては来るものの、著作物は表示されず、原出版社で
も絶版か、フランス語の壁で私の探し方が悪いのか……。
 白水社版「永遠の音楽家」シリーズは、1970年を挟んで前後数年かけて刊行さ
れたようですが、『バルトーク』の原著は1963年が白水社版1969年刊、『シェー
ンベルク』は原書1969年が白水社版1970年刊ということで、本国フランスで既刊
のものを追いかけ、徐々にフランスで刊行後すぐに翻訳に取りかかる態勢で臨み、
完結に至ったのでしょう。

   第Ⅰ期(8冊、各950円)       第Ⅱ期(8冊、各1,000円)
   1.モーツァルト          9.シェーンベルク
   2.ベートーヴェン         10.ヴィヴァルディ
   3.バッハ             11.マーラー
   4.ショパン            12.ブラームス
   5.ストラヴィンスキー       13.ラヴェル
   6.ワーグナー           14.ヴェルディ
   7.ドビュッシー          15.クープラン
   8.バルトーク           16.ハイドン

 訳者の仕事の速さや、本国の原著の刊行事情などにも左右され、順番通りの配
本ではなかった部分もあるかも知れませんが、ほぼ巻数順に出版されたようです。

 ブークスの「本をさがす」では、「永遠の音楽家」で検索すると、全16冊すべ
てがヒットします。どれも ISBN-13 が付せられていますし、値段はみな1,890円
と表示されます。消費税がなかった頃のものも、「現在買おうとすれば」の額で、
本体価格に現行消費税を加えて表示するのがネット・ショップの仕組みですから、
1,800円に価格改定されたのがいつかは判りません。その中で、『シェーンベル
ク』だけが2,520円となっており、シリーズ最後の重版か、と推測させます。

 書誌情報的に見た場合、第Ⅰ期が書籍コードのシステム以前の刊行で、第Ⅱ期
が函書き・奥付ともに書籍コードの記載があり、ちょうど書籍の流通・販売がシ
ステム化された移行期の出版物であること。
 バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンといった基本中の基本をおさえ、新し
い時代の方もバルトーク、シェーンベルク、ストラヴィンスキー辺りに収まって
いて、「おだやか」な範疇にとどまっている。これは、一般市民図書館や学校の
図書館などにも受け入れられやすいであろうということ。
 各巻独立していながら、出版企画は16巻セットのようなニュアンスを持ってい
るので、最終的には櫛の歯が抜けるように品切・絶版になっていくとしても、単
巻本よりは「全巻揃って在庫」を維持する意識が働いたであろうこと。(『シェ
ーンベルク』だけが2,520円になっても版を重ねたのが、そんな事情を想起させ
ますが深読みでしょうか。)
 等々の要素を含んでいるように思われます。
 もし、このシリーズ刊行がそこそこに生き存えて、1980年代に入るまで出版社
の在庫管理台帳に載っていたのであれば、
・セット物とはいえ、どの巻が版を多く重ねていたか。
・無コード時代、旧書籍コード時代、ISBN コード時代と、書籍の販売・流通に
 おける変化をどう生き残ったのか。
・原著との照合が可能なら、「ソルフェージュ叢書」を全巻翻訳したものか、邦
 訳に際して「売れそうな」ものを取捨選択して日本版にしたものか。
・本国フランスでも、ISBN の管理対象になっていたのか。
等々の、いろいろ興味深い「履歴」がトレースできそうです。

 アマゾンでは、例によって「B000J~」による ASIN による管理。「永遠の音
楽家」で検索すると、ヒットしたのは8種のみ。その内、最初刊であろうと思わ
れる『モーツァルト』は、出品者が提供したデータにより、
 「1989年4月10刷」
の記述が見られます。他には、『バルトーク』(1977年3刷、1973年というのも
ありますからこれが多分2刷でしょう)、『シェーンベルク』(1980年9月3刷)、
『マーラー』(1977年3刷定価1,800円)など。
 『ヴェルディ』『ハイドン』辺りは記述のあるものは「初版」しかないので、
あまり反応が良く(版を重ね)なかったのか、逆にアマゾンに出品されない作曲家
の巻は、人気というか「レアもの」なのか。
 いろいろ想像をたくましくさせられます。

 試しに、単に、グーグルの検索窓に「Pierre Citron Bartok」と入れると、該
当書がヒットして、「SEUIL」が読み取れる表紙画像が現れます。取扱はまたし
てもアマゾンですが、「amazon.fr」とあり、翻訳された画面から 9.45 EUR の
「ペーパーバック」版が「在庫あり。」と日本語表示されました。便利な世の中
になったものです。「Collection : Solfeges」とあり、「永遠の音楽家」の原
著がペーパーバックでまだ刊行中、在庫があることが判ります。
 画面をやや下がって、日本語で言えば「この商品を買った人はこんな商品も買
っています」のコーナーが「amazon.fr」でも表示され、表紙画像(装幀の雰囲気)
から、同じシリーズらしい本が並んでいます。それぞれをクリックすると、やは
り「Collection : Solfeges」とあり、日本では翻訳されなかった『シューマン』
(1995)、『ラフマニノフ』(1990)、『シューベルト』(1988)、『フォーレ』(1995)
『サティ』(1995)、『プロコフィエフ』(1995)などが見つかります。
 もちろん、年代から「永遠の音楽家」シリーズの1970年前後には翻訳のしよう
がないとも言えるのですが、よくよく見ると、
 『モーツァルト』(Ed. rev. et augm (1 janvier 1994))
 『ショパン』(Nouv. ed. rev. et augm (1 janvier 1986)
など、「rev.」の表記に、ペーパーバックになる以前の一群の作曲家評伝「ソル
フェージュ叢書」があり、現在は軽装版になって版を重ねている、ということで
しょうか。

 すなわち、白水社版の出版企画は、
・日本万国博に象徴される好景気の時代に、
・文庫クセジュを擁するフランス語圏書籍にやや明るいスタンスもあり、
・「Seuil」社の作曲家評伝シリーズがあるからひとつ翻訳を企画しよう。
・取りあえず第Ⅰ期は無難な「バッハ」「モーツァルト」「ベートーヴェン」か
 ら始めて、ちょっとは冒険で「ストラヴィンスキー」や「バルトーク」も。売
 れれば第Ⅱ期、第Ⅲ期……、と続ける。
・ベートーヴェン生誕200年の1970年を前に、1969年の第Ⅰ期はそこそこ成功。
・イムジチの来日でバロック・ブームが到来しているから、「ヴィヴァルディ」
 「クープラン」辺りも出そうか。
・さて、第Ⅲ期を企画できるか? 翻訳の先生方も偉くなっちゃって結構お忙し
 そうだしなあ。
・第Ⅱ期の『ヴェルディ』『ハイドン』辺りは、出しても反応があまりパッとし
 なかったし、どうしようか。
・んー、在庫管理・重版運営もあるしね、上製本・函入りというのも経費率が圧
 迫されるし、さりとてシリーズ物だから制作・製本を変えるわけにもいかない
 しねえ……。

とまあ、途中からは根拠のない勝手な憶測ですが、こんな経緯をたどり、ある時
点で、「以後は在庫が尽き次第品切絶版」の方針が下され、現在は「古書」のみ
の流通、ということになったのでしょうか。

 翻訳ものなので、原著フランス出版社「Seuil」との著作権契約などもあるで
しょうが、本国では今もペーパーバックで気軽に入手できることに、出版文化に
対する「息の長い」姿勢を羨ましく思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。